古いシミを隠しました。

こんにちは、着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直しをしております。伊藤和裁です。


いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。


花火大会が、徐々に各地で始まっていますね。


今年もなにか、新作花火が披露されるんでしょうか。


楽しみですね(笑)


今回は古いシミを別布で隠しました。


ご覧下さい^^




P1030390.jpg  P1030394.jpg


この綿入りのちゃんちゃんこは、

着物しみぬき専科に「染み抜きをしてほしい」と来た、お着物です。

汚れがひどく、シミもかなり古いシミです。

「2~3日で直してほしい。」と依頼されました。

古いシミは、シミが取れるのに時間がかかります。

2~3日では、時間が足りないかもしれません。

P1030392.jpg   P1030391.jpg

お客様と相談させて貰い、シミ、汚れを別の布で隠すことにしました。

P1030400.jpg  P1030402.jpg

このようにシミ、汚れを隠しました。



染み抜きの技術の他に、和裁の知識もありますと色んなことに応用ができます。

直らないと諦めていた、お気に入りのお着物も直すことが可能になります。



戦火を逃れた思い入れのある四つ身

こんにちは、着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直しをしております。伊藤和裁です。



お客様が赤ちゃんのころにお母さんが



戦災を逃れ、焼かずに残り、大事に保管されていた



四つ身の着物を今身に着け お母さんの思いを



感じたいと何かに仕立て直しほしいとのご依頼です。



お客様と話し合った結果、綿入れのチャンチャンコに仕立てることになります。


P1030530.jpg   P1030532.jpg
   

袖無しのチャンチャンコですが、お家が寒い時に



色々な作業もしやすく 暖かいということで お母様の温もりを感じることが出来ます。



70歳を過ぎられても、お洒落に着用されることと思います。



綿入れは 綿の入れ方に熟練を要します。


下手に入れると中でゴロついたり、



圧の掛かるところには 厚めに入れ



ペタンコになるのを防ぎます。





P1030365.jpg