道行コートから道行コートに仕立て直しました。 #着物仕立て #着物仕立て直し #伊藤和裁 #大阪

サイズの合わない道行コートをお客様サイズに仕立て直しました。

コート丈、裄丈、が短い、衿口も合わない道行コートの仕立て直しの注文が来ました。

まずは、コート丈がお客様寸法に出来るだけの布が縫い代に残っているか調べます。

縫い代が残っていれば、

次に仕立て上がりコートを全部、解いて、着物染み抜き専科で布巾を広げます。

肩裏は長尺物を使い、コート丈が2寸長くなった道行コートが仕立て上がりました。

ご覧ください。随分と雰囲気が変わりました。

仕立て上がり道行コートを仕立て直しました。 (1)

仕立て上がり道行コートを仕立て直しました。 (4)仕立て上がり道行コートを仕立て直しました。 (3)







***よろしければ、拍手、ツィート、いいね、ライン、をお願いします。***

***励みになります。***

訪問着を単衣絵羽織に仕立て直ししました。 #着物 #kimono #followme #仕立て #直し #大阪

訪問着は絵羽の単衣羽織に仕立て直しさせて頂きました。


大阪の伊藤和裁です。

訪問着を絵羽織に仕立て直し (6)   訪問着を絵羽織に仕立て直し (8)


薄物単衣の付下げを羽織に仕立て直します。身頃の胸の柄と袖の柄をそのまま、生かしました。

身頃の裾を生かしての仕立てを考えましたが、胸の柄が背中で下向きになります。


残念ながら、裾の柄は却下しました。


訪問着を絵羽織に仕立て直し (7)

上前の柄を生かす事で、スッキリと仕立て上がりました。が仕立てる側としては、難しい仕立てでした。



訪問着を絵羽織に仕立て直し (4)   訪問着を絵羽織に仕立て直し (3)



衽を衿にすることによって、身頃の柄と衿の柄を一つの柄合わせにしています。工夫しています。

衿の柄が美しく見せるように、衿の折り方、衿の芯になる部分も工夫して仕立て上げております。


宜しければ、拍手、ツィート、いいね、ラインをお願いします。励みになります。m(_ _)m

訪問着を被布衿コートに仕立て直ししました。#着物 #kimono #followmeJP #仕立て #直し

訪問着を被布衿コートに仕立て直しさせていただきました。

大阪の伊藤和裁です。

訪問着を被布衿コートに仕立て直し (3)

一つ紋の訪問着を被布衿コートに仕立て直しのご依頼です。

『訪問着をコートに仕立て直している写真を見ました。訪問着をコートに仕立て直せるんですか。』

訪問着の地色は深紫色(フカムラサキイロ)の植物文様の桜を金彩で描いている着物です。


訪問着を被布衿コートに仕立て直し (8)   訪問着を被布衿コートに仕立て直し (10)  訪問着を被布衿コートに仕立て直し (9)



ご依頼は、後身頃を前に回して、被布衿コートに仕立てると言う、簡単な仕立て直しでした。


仕立て上がりの訪問着を解いて、一反の反物の形に戻すようにハヌイをして、着物を水洗いします。

その後、湯のしをしてから、仕立てに取り掛かります。

訪問着の枠取りの桜の文様を、コートに仕立てても、身頃と衿に絵柄がちゃんと映る様に裁ち合わせしています。

袖はそのまま、袖丈を着物より少し長くしています。

残り切れから、被布の衿を作りました。

訪問着を被布衿コートに仕立て直し (3)  訪問着を被布衿コートに仕立て直し (7)

竪衿の柄が、もう少し上の位置にあれば、良かったのですが、

その分、胸の飾りを工夫して仕立て直しています。


訪問着を被布衿コートに仕立て直し (4)

宜しければ、拍手、ツィート、いいね、ラインをお願いします。励みになります。m(_ _)m

女物着物の洗い張りと仕立て直しをしました。 #着物 #kimono #followmeJP #仕立て #直し #大阪

女物着物の仕立て直しをさせていただきました。

こんにちは、大阪の伊藤和裁です。


色無地は一色で染められた無地の着物。留袖や振袖が第一礼装になる前は、最も格の高い着物として、人生の節目に身にまとわれてきました。


色無地の仕立て直し (11)

現在でも五つ紋付き黒無地は喪の第一礼装ですが、

その他の色無地は紋を付けて略礼装の装いとされています。

色無地において、着物の格を決めるとともに、ポイントになるのが紋です。

三つ紋以上なら訪問着より、格上の準礼装になります。


色無地の仕立て直し (8)

また、最近は色無地を、よりお洒落に着こなすために、家紋ではなく加賀紋や刺繍紋を付ける人も多くなりました。


色無地の仕立て直し (4)

洗い張りをして、お客様の希望寸法に仕立て上げれました。

仕立て直しの傾向が変わってきています。

前は上がりの丈が1尺1寸ほどでした。最近では、掛け衿が長くなり、1尺3寸くらいになっています。


宜しければ、拍手、ツィート、いいね、ラインをお願いします。励みになります。m(_ _)m

娘さまに譲ります。付下げ仕立て

【娘さまに譲ります。付下げ仕立て】


お客様の付下げ着物を娘さんの寸法に仕立て直します。

娘さまに譲ります。付下げ仕立て (3)



私どもの近所の着物大好きのリピーター様にです。


普通の無地染めではなく、写し糊の技法と鴛鴦の型友禅染の付下げです。


背中に一つ、縫い紋で縫い方は芥子縫い、紋名は沢潟(オモダカ)が最初から入っていました。

娘さまに譲ります。付下げ仕立て (4)

沢潟の意味は、こちらに⇒http://blog.livedoor.jp/ito_wasai/archives/2014-10-10.html

付下げは、訪問着の下に格付されるのですが、


紋を入れることによって、同格になります。仕立て上がっていた着物なので、


衿カタアキと紋の位置が最初から決まっています。左胸、右後の柄の位置は

娘さまに譲ります。付下げ仕立て (3)   娘さまに譲ります。付下げ仕立て (2)



そのままで、仕立て上げています。