一つ紋色留袖の仕立て #着物 #kimono #followmeJP #仕立て #直し #色留袖

一つ紋色留袖の仕立てをさせて頂きました。

大阪の伊藤和裁です。

20151210伊藤和裁のブログ (1)


背中に一つ抜き紋が入っている色留袖です。

地色の色目は青磁色(セイジイロ)、平安時代に中国から、渡来した磁器の色からつけられた名前です。

青磁の肌のような淡緑色を指します。洋名はセレドンといいます。

20151210伊藤和裁のブログ (3)  20151210伊藤和裁のブログ (4)



この着物の裾の文様は、有職文様の有職菱といい、四本の平行線で囲まれた四辺形を基本とする文様です。

その上下を囲んでいる花模様は、植物文様の牡丹唐草文様と言います。

20151210伊藤和裁のブログ (2)


牡丹唐草は、牡丹と唐草を組み合わせた文様で、室町時代から江戸時代にかけて、型染め、絣柄などに用いられました。

宜しければ、拍手、ツィート、いいね、ラインをいただけたら、幸いです。

加賀友禅の色留袖を仕立てました。

102.jpg

色留袖を仕立てました。

留袖なのに紋が入っていません。

背中に一つ紋を入れている色留袖が一般的です。

比翼は色留袖の場合、付けない場合が多いですね。

このお着物も比翼は付いていません。

色留袖の訪問着仕立てです。

縮緬地に地色の染めは黄色に属する 黄はた色に染まっています。

103.jpg

石川県の有名な寺院でしょうか、風景文様が描かれている

加賀友禅の色留袖です。

風景文様は、着物を一枚の絵画を美術館で見ている様な贅沢さを味わえる絵柄です。



098.jpg 







招き猫の手の話と今回は斬新な加賀友禅の色留袖を仕立てました。

こんにちは、着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直しをしております。伊藤和裁です。


いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。


【着物をお召しになる前と脱がれる前は、手を洗いましょう。】



日本の縁起物『招き猫』

日本全国にご当地自慢のいろんな形をした招き猫があります。

挙げてる手が、右手の猫はオス猫で御利益を招く

       左手の猫はメス猫で人を招くそうです。

よかったら、憶えておいて下さい。^^


前回は京友禅を載せましたので、

今回は、もうひとつの友禅、加賀友禅を仕立てましたので

ご覧下さい。


P1040214.jpg    P1040219.jpg


この色留袖は、加賀友禅、特有の臙脂(えんじ)、黄土、藍、若草、古代紫の

五色で図案化した、華、花、を染めた色留袖です。

所々に、花々の蜜を吸う鳥が描かれています。


P1040217.jpg 

前回の京友禅は、友禅染め技法の他に金箔、刺繍、絞り技法などを

使って、表現しますが、

今回の加賀友禅は、友禅染め技法だけで、これだけ、華やかに

表現しています。

素晴らしいですね^^

なにも、他の技法を足さない加賀友禅は、

私は、大好きです^^













テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記