紗合せの着物と言います。 #着物 #followmeJP

紗合せの着物です。

2枚の生地を合わせて縫います。

下の絽か紗の生地に絵柄を描いて

上の紗の生地を通して、絵柄が透けて見えます。

大変、涼しげです。

この着物は着用期間が短い着物で、単衣着物と袷着物の変わり目に着用します。

CIMG5963.jpg

(o^∇^o)ノ 拍手!ツィート! いいね!、g1+ のクリックをお願いします。(o^∇^o)ノ

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


夏着物の柄は季節を先取り^^

P1010405.jpg P1010408.jpg


いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。



着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直し、洗い張り、着物クリーニングをしております。



伊藤和裁です。





高野山に行ってきました。




弘法大師の御祭りされている裏山の高野三山を登ってきました。


F1000059.jpg F1000065.jpg F1000063.jpg

山が峰々に三つの山が連なっている山でした。・・・・・・・が



登ったり、下ったり、登ったり、下ったり、登ったり、下ったり、はぁぁ



四時間ほど、掛かったのに・・・・・・・・・



景色が余り見えない・・・はぁぁぁぁぁ



景色らしい景色も無く^^道しるべは撮ってきましたが・・・・・・



しんどい思いをしただけ^^?そんな事はないはず!!!!!^^



今流行のパワースポット!!!!   まっ、良いですか^^



ご利益が有ります様に、、、、合掌


F1000062.jpg F1000061.jpg F1000060.jpg






では、今回も伊藤和裁で仕立てた作品をご覧下さい。



毎日、暑い日が続きますね。そこで、このブログをご覧いただいてる、皆さんに涼しくなってい
ただきたく!



紗合わせの着物を仕立てを載せます。



P1050055.jpg P1050057.jpg



毎回、同じ事を書いていますが、この紗合わせは仕立てるのが大変難しい着物です。



それぞれ、違った二枚の薄い生地を重ねて縫ってあります。生地が違うので、なかなか、そり が合わないんです。
そりが合わないまま、仕立て上げてしまうと仕立て上がりが大変悪くなっ てしまします。



夏物の着物は、早く涼しい秋が来てほしいと、着物の柄を先取りして、描いてる場合がありま
す。今回のこの紗合わせ着物も秋の草花が描かれて、涼しさを演出しています。



秋草の代表的なのは、桔梗、萩、葛、女郎花、撫子、薄など、秋の七草です。



P1050056.jpg P1050061.jpg



どうぞ、着物のことで、困り事がありましたら、お声をおかけ下さい。

よろしく、おねがいします。











珍しいアサガオ柄の紗合わせ着物を仕立てました。

こんにちは、着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直しをしております。伊藤和裁です。

いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。


我が家にお掃除ロボが来ました。

とりあえず、お値打ちなお掃除ロボを買ってみました。

今のところ、機嫌良く我が家を隅々まで掃除しております。

うちの奥さんは、「楽ちん楽ちん」と喜んでおります。

では、今回ですが^^

紗合わせ着物を仕立てました。

別の言い方で二重紗とか二重紗着物、無双きものとか呼んでます。

仕立てるのが 大変難しいお着物です。

P1040769.jpg  P1040773.jpg


二種類の薄い絹地を重ねた着物です。

着用する時期は五月後半から六月中頃と九月中頃から九月いっぱいまでです。

今回のお着物は、大変珍しいアサガオの花が柄になっています。

P1040774.jpg  P1040775.jpg
 
と、言うのは、着用する時期が五月から九月いっぱいまでと長いので

アサガオの柄ですと九月には着れません。普通、期間限定の柄は

そんなに選ばれないし、作り手も作らないからです。

でも、ホント、涼しげですね^^猛暑も吹っ飛びます^^