FC2ブログ

豪華絢爛な振袖を仕立てました。 #着物仕立て #着物仕立て直し #振袖 #伊藤和裁 #大阪


濃い紺色の地色に流水文様を土台として、

菊、撫子、橘の花文様、楓、松の木、桐その他、鶴までもの吉兆文様、成人の門出をお祝いしております。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (2)


仕立てをする時は、この模様たちを全て合わせるのを心掛けますが、

お客様の体型や希望寸法により、合わせられない事もあります。

しかし、前身頃の胸元と衽付け線、背中心の模様は、絶対に合わさなければなりません。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (5)


今回の振袖の様に、

斜めの模様が多いと少しズレたり、少し先の斜め線が合わなかったりで、模様を合わせに苦労します。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (6)


掛け衿と胸の模様が、ズレるとすごく目立ちます。

この振袖は、衿付け線が、どこか分からないくらいに見事に合わさっています。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (3)


『さすが。』と誇らしくなる出来栄えに仕立て上げる事が出来ました。

***よろしければ、ライン、拍手、ツィート、いいね。をお願いします。***

****励みになります。m(__)m****





国宝級。八重山上布を仕立てました。 #着物仕立て #着物仕立て直し #伊藤和裁 #大阪 #八重山上布

夏の沖縄織物、夏物らしく、堅く風合いのあり、風投資の良い夏も単衣着物です。

1870年以降、無くなった八重山上布の工程の一つ、『手括り(テククリ)』を古い資料から、

長い年月をかけて復元させました。斬新な、新感覚の八重山上布を仕立てました。
P1020443.jpg



***よろしければ、ライン、拍手、ツィート、いいね。をお願いします。***

****励みになります。m(__)m****

変わり衿道中着(伊藤衿)を仕立てました。 #着物仕立て #着物仕立て直し #サイズ直し #伊藤和裁 #大阪

【変わり衿道中着(伊藤衿)を仕立てました。】

RIMG0691.jpg


夏の紬、越後夏大島で変わり衿道中着を仕立てました。単衣のコートです。

RIMG0692.jpg


肩巾と袖巾をサイズ上振り分けています。

RIMG0696.jpg


柄合わせは、追っかけにしています。



***よろしければ、ライン、拍手、ツィート、いいね。をお願いします。***

****励みになります。m(__)m****








桐の絵羽模様の訪問着の仕立て

【桐の絵羽模様の訪問着の仕立て】

逸品の訪問着の仕立て (1)


着物の左右で大胆に染め別けられた大きな桐の葉をデザインした訪問着を仕立てました。

お客様の身巾の希望寸法が柄合わせ寸法より、狭かったので左脇で柄を調整しています。

逸品の訪問着の仕立て (3)


桐は丁度、今の時期に、淡い紫の可愛い花を咲かせます。

皇室が、桐を御服、調度品などに長く使用するにつれて、文様化されました。

この訪問着は、華やかなパーティーに着用されると良いと思います。

お気に入りの帯を合わせて、素敵にコーディネートされることでしょう。

逸品の訪問着の仕立て (4)

***よろしければ、ライン、拍手、ツィート、いいね。をお願いします。***

****励みになります。m(__)m****

着物のコート丈は、7分丈 8分丈 9分丈とあります。 #着物仕立て #着物仕立て直し #大阪市内 #伊藤和裁

今回は、コートについて書いてみました。

コート丈は好みに合わせて七分丈、八分丈、九分丈に仕立てる事が出来ます。
その際、お客様の身長に合う様に、丈を仮縫いして、お客様に一度着ていただくことがあります、お客様の好みの丈に、仕立ててる事も出来ます。

その際、襟を道行衿、着物衿、伊藤衿といったふうに、楽しむ事も出来ます。

写真は、コートの丈の仮縫いと、紐の位置を確認していただく為には仮縫いをしたコートを写しております。