着物のコート丈は、7分丈 8分丈 9分丈とあります。 #着物仕立て #着物仕立て直し #大阪市内 #伊藤和裁

今回は、コートについて書いてみました。

コート丈は好みに合わせて七分丈、八分丈、九分丈に仕立てる事が出来ます。
その際、お客様の身長に合う様に、丈を仮縫いして、お客様に一度着ていただくことがあります、お客様の好みの丈に、仕立ててる事も出来ます。

その際、襟を道行衿、着物衿、伊藤衿といったふうに、楽しむ事も出来ます。

写真は、コートの丈の仮縫いと、紐の位置を確認していただく為には仮縫いをしたコートを写しております。



陣羽織の仕立て、その2。 #着物仕立て #着物仕立て直し #伊藤和裁 #大阪市内


昨年 12月に陣羽織について、送信したパート2になります。

今回の陣羽織は脇のスリットのある物を載せてみました。
脇のスリットがある方が、座った時など、余裕があるあるので、動きやすいと思います。
マチ付き、待ち無し、スリット、いろいろな脇の形がありますが、着る方の好みで、仕立てる事は仕立てる側も、楽しみの一つでもあります。



***よろしければ、拍手、ツィート、ライン、いいね。をお願いします。***

***励みになります。m(__)m***

袷小紋の柄合わせと仕立て #着物仕立て #着物仕立て直し #大阪市内 #伊藤和裁


袷小紋の着物です。
『小紋は柄合わせ無いんじゃないの?』と思われている着物ファンも多くいらっしゃるでしょう。
でも、着るからには綺麗に見られたいですよね。
伊藤和裁では、小紋も柄合わせします。

字模様が綺麗に合わせています。訪問着風に柄合わせをしました。
染めがハッキリしている為、同じ色合いが重ならない様に、工夫して裁ち合わせています。
スッキリと違和感なく、綺麗に仕立て上がりました。

柄合わせによって、仕立てる側のセンスも問われますので、考えながら裁ち合わせてをするのも、苦労です。



花織り着物の裾ふきを真っ直ぐにする。 #着物仕立て #着物仕立て直し #伊藤和裁 #大阪市内


今日は、花織の裾ふきの写真を撮ってみました。

花織のふきは、なかなか上手く真っ直ぐにできません。
普通の布地と違って、織りが柄になっている為、柄の所でいびつになりがちですが、写真の裾ふきは真っ直ぐになっており、表地 八掛 裾芯の釣り合いが上手くとれているので、綺麗に出き上がったと思います。

表の布地の種類によって、出来、不出来が有るのは、確かですが、プロが仕立てる以上、綺麗に仕上げたいものです。

伊藤和裁では、仮仕立ての訪問着など、柄合わせの間違えを防ぐために写真を撮る事があります。 #着物仕立て #着物仕立て直し #伊藤和裁

仕立てる前の仮絵羽の柄合わせの写真です。

柄合わせを間違えないために写真を撮り、残して置く場合があります。

何パターンかの柄合わせが出来き、柄合わせの間違えを防ぐため

そして、

仕立てる者が柄合わせをした時に困らない様にです。

湯のしをする前に柄合わせの写真を撮ります。

湯のしをしてからだと、当然、最初の柄合わせが分からなくなるからです。

伊藤和裁では、このように写真を撮って、柄合わせを間違えて仕立て上げない様に注意をしています。

20171128伊藤和裁ブログ柄合わせ確認 (1)

20171128伊藤和裁ブログ柄合わせ確認 (3) 20171128伊藤和裁ブログ柄合わせ確認 (4)


***よろしければ、拍手・ツィート・ライン・いいね・をお願いします。***

***励みになります。***