瀬戸大橋渡る



CIMG2652.jpg 


【普通体系より大きい方は、光沢のある綸子の着物は似合わない】


大きなお世話なんですが、普通体系より大きい方は、綸子の着物は避けたほうが良いと思います。きものを着て、動くたびにつるつるすべって着崩れしやすく、光沢があるので着物姿を大きく見せようとします。よかったら、覚えておいて下さい。


F1000043.jpg F1000033.jpg F1000034.jpg F1000035.jpg

木綿を使った黒留袖、小紋訪問着、色留袖です。江戸中期の着物です。武士以上が絹の着物が着れました。庶民は木綿に藍で染めた着物を着ることをお上から許されていました。裏地(胴裏)は絹を使っていたそうです。当時の庶民の精一杯のお洒落です。

F1000038.jpg F1000039.jpg F1000038.jpg

この写真は当時の小紋の型紙です。


F1000047.jpg F1000048.jpg

瀬戸大橋を超えて、ジャパンブルー(日本の藍色)を観てきました。

仕事柄、こんなのを観に行くのは好きですね。

好きこそ物の上手なれ^^


ブログを見て下さってありがとうございます。

そして、今年一年ありがとうございました。

来年は明日からですが^^来年も皆様が良い一年になることを願っています。

良いお年をお迎え下さいませ。

では、来年もよろしくお願いします。