文様  桜

日本人は身の回りの事柄や事物を文様にしています。


日々の物事への観察から色んなものが模様になり、


深い思い入れのあるものは文様となりました。


桜もその一つです。日本人は桜の満開の素晴らしさ、


一斉に散るはかなさに心を打たれます。


桜が文様として登場したのは、平安時代だそうです。

052.jpg



内掛けや振袖、小紋着物、帯や長襦袢まで、


それもメインの柄になったり、脇役にやったり、


春の花なのに、他の四季の花々と組み合わされ、


どの季節の模様にも登場し


着物の柄としては色々と用いられています。


058.jpg