総菅縫い一つ紋入り色無地の仕立て

 

一つ紋入り色無地を仕立てました。

背中に一つ縫い紋で(丸に橘)が総菅縫いで入っています。

RIMG0413.jpg 

縫い糸の色目は着物の地色より濃い目にして、総須菅縫いで紋が目立つように立体的に表現しています。

背中の紋を入れる位置を決める事を【紋取り】と私たちは読んでいます。

柄の無い色無地に紋を入れる場合は、お客様の身長から紋を入れる位置を割り出し、決ます。私どもは【紋取り】と読んでいます。




色無地の仕立て方は、小紋や大島紬など袷着物と同じ仕立てですが

仕立ての良し悪しがよく表れる着物です。


 RIMG0409.jpg   

  


仕立てをする者の手を選ぶ、少し気の掛かる着物です。