FC2ブログ

嫁入りの時の色無地を染め替えて仕立て直しました。 #着物仕立て直し #着物仕立て #伊藤和裁

嫁入りの時に作って貰った色無地が派手なったので、染め替えて仕立て直してほしいと注文がきました。
色無地を全て、解いて、洗い張りをして汚れを落とせる物は綺麗に落としてから、染め直します。
そして、お客様の希望寸法に仕立てます。
今回は、最初から付いていた八掛けや胴裏は、使わずに、八掛けは、染め直した色無地の色に合わせた物にし、胴裏も新しくしました。
染め替える場合、濃い色から薄い色に染めるときは、濃い色を色抜き(白く生地にします。)してから、染めます。
逆に薄い色から濃い色に染め直す場合は、そのまま、染めます。
それと、染める着物が、無地や地模様の場合は、大丈夫ですが、染めたあとに描いた模様などは、染め替えたら、消えてしまう場合があります。

20200531153113215.jpg


202005311531241de.jpg


*****よろしければ、拍手、ツィートをお願いします。*****

*****励みになります。*****





黒留袖の仕立て直しと黒染め直し

お客様が来店です。呉服店に相談したのですが、「このまま着ても、問題ありませんよ」との返答、呉服店のアドバイスとおりですが、いざ、着用すると同じ黒留袖でも、くすみの黒は目立ちそうなので、黒染め直しと仕立て直しの注文を頂きました。紋伏せ、柄部分を伏せて、黒に染まらないように黒染めをします。


すごい!胴裏と比翼の裏のみが赤色です。

家紋も珍しいです。

武家筋の鷹の羽に、引きが二本
【抱き鷹の羽に二つ引き】といいます。

鷹の羽紋と引き紋の組み合わせです。

レンタルで借りるより、この留め袖には、今までにも、手間隙がかかっています!着て上げてほしいですね。