総絞り振袖を仕立てました。見比べて下さい。あなたはどの柄粋がお好みですか?

こんにちは、着物の仕立て、仕立て直し、サイズ直しをしております。伊藤和裁です。

いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。



未婚女性の第一礼装です。袖が長いほど 格が上がります。

P1030291.jpg  P1030598.jpg
袖の長い振袖は、未婚女性の第一礼装です。華やかな柄付と袖付から袖下まで開いている長い袖に特徴があります。


振袖の袖丈は四タイプあります。袖が長いほど格調が高く、改まった装いになります。


袖丈は大振袖 125センチ、中振袖87~106センチ、小振袖76~86センチ、程度です。


大振袖は花嫁衣裳に、振袖は花嫁のお色直しや成人式に、中振袖や小振袖は初釜やパーティ、十三詣りの晴れ着に使われます。

P1030602.jpg  P1030285.jpg
振袖の生地は縮緬のほか、綸子や緞子など光沢のあるもの、地紋に吉祥文様を折りだしたものなどです。


染色、文様はいろいろあり、友禅や刺繍、箔置きを使い、華やかな古典模様やモダンな模様が描かれます。


模様付けは華麗な絵羽模様のほか、反物のまま型染めで模様付けした


飛び柄のようなシンプルなもの、無地ぼかしなどもあります。

P1030332.jpg   P1030327.jpg
成人式のきものといえば、定番はやはり振袖です。


成人式は自分が主役です。


普通より思い切り華やかに装うもの良いです。


振袖の文様は大きく分けて、古典柄と洋風な柄があります。

P1030379.jpg   P1030380.jpg
古典柄は赤やピンク、ブルーなどの鮮やかな地色に、慶長文様、元禄文様などを描いたもので、日本人向きです。


こういった模様には 昔の小袖や打掛の柄を参考にしたものが多く、染めや刺繍の贅を尽くしたものをよく目にします。


豪華絢爛な振袖に合わせる帯は、着物の地色にない色のものを選び、色を加えていくのがポイントです。