舞台衣装を仕立てました。

紫地で藤文様の小紋地。くりこしや裄などに工夫がいるお仕立てでした。