FC2ブログ

豪華絢爛な振袖を仕立てました。 #着物仕立て #着物仕立て直し #振袖 #伊藤和裁 #大阪


濃い紺色の地色に流水文様を土台として、

菊、撫子、橘の花文様、楓、松の木、桐その他、鶴までもの吉兆文様、成人の門出をお祝いしております。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (2)


仕立てをする時は、この模様たちを全て合わせるのを心掛けますが、

お客様の体型や希望寸法により、合わせられない事もあります。

しかし、前身頃の胸元と衽付け線、背中心の模様は、絶対に合わさなければなりません。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (5)


今回の振袖の様に、

斜めの模様が多いと少しズレたり、少し先の斜め線が合わなかったりで、模様を合わせに苦労します。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (6)


掛け衿と胸の模様が、ズレるとすごく目立ちます。

この振袖は、衿付け線が、どこか分からないくらいに見事に合わさっています。

留紺地流水花文様振袖の仕立て (3)


『さすが。』と誇らしくなる出来栄えに仕立て上げる事が出来ました。

***よろしければ、ライン、拍手、ツィート、いいね。をお願いします。***

****励みになります。m(__)m****





コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)